HOME > コーティング装置について

コーティング装置について

当社では、下記の様なコーティング装置を中心に、様々なコーティング装置を取り扱っています。

CAP Coater

CAP Coater
  • 膜厚0.1〜5μmの塗工が可能。
  • レジスト(液)の使用効率が95%以上。
  • 均一性±2%の高精度塗工を実現。

R&R Coater

R&R Coater
  • 膜厚1〜60μmの塗工が可能。
  • 高い固形分比率の液の塗工が可能で幅方向のムラも少ない。

※R&R=Raising&Risingの略

スロットダイコーター

スロットダイコーター
  • 膜厚3〜300μmの塗工が可能で幅広い用途に対応。
  • 基材厚みや塵等の外乱影響に強い。
  • 低速〜高速まで幅広い速度に対応。

リップコーター

リップコーター
  • 膜厚15〜80μmの塗工が可能。
  • 塗工液の粘度や塗工速度による影響が少ない。

コンマコーター

コンマコーター
  • 膜厚18〜100μmの塗工が可能
  • 高粘度の塗工液に対応可能。
  • 塗工幅の変更が容易。
※「コンマコーター」は当社の登録商標です

グラビアコーター

グラビアコーター
  • 膜厚3〜30μmの塗工が可能。
  • 多様な基材に対応でき塗工距離の制御も容易。

コーティングシステムについて

コーティングシステムについて詳しくは、下記ページもご覧下さい。

塗装機械紹介|株式会社ヒラノテクシード