HOME > 塗工機械について > 塗工機械紹介

塗工機械紹介

DVコーター(バキューム式スロットダイ)

光学機能性フィルムに代表される超薄膜塗工を安定して塗工するために、塗工液が大気にさらされず、塗工中の粘度・濃度変化のない密閉型の塗工方式が望まれています。

塗工膜の均一性を、塗工ギャップに依存するスロットダイコーターは、安定塗工が出来ますが、最小塗工厚みを10(µm)以下にすることは困難です。

DVコーターは、スロットダイのヘッド部にバキューム機構を追加することにより、塗工ギャップの影響を受けず、1(µm)の超薄膜塗工が可能となりました。

DVコーター
塗工範囲 1µm〜500µm(Wet)の広範囲における塗工が可能。
塗工ギャップ
(スロットダイと
塗工基材間)
塗工厚(Wet)の数〜数十倍のギャップによる塗工システムである為、基材厚み変動、異物、塵等による塗工面への外乱影響を受けない。
粘度範囲 1mPa.s〜10,000mPa.sの範囲まで対応可能。
塗工速度 低速〜高速までの高速範囲が可能。

シリコーンコーティング装置

粘着市場の拡大と進歩は、シリコーン紙・フイルムの需要を喚起し、製造ラインの大型化が叫ばれています。
即ち、コーターのスピードアップ(200m/minから300m/minへ)、ドライヤーの効率アップ・カール除去等が市場のニーズと言えます。

当社では、高速型のグラビアコータとして、給液ノズル付きの
グラビアコーター・アプリコーターロール付きのグラビアコータ・ファン、及びヒーター内蔵タイプのコンパクトなドライヤー・高圧タイプのエヤーナイフを利用した水ダンピング装置を装備しています。

シリコーンコーティング装置

リップコーター

当社が現在まで築き上げた高精度な塗工技術を集約したリップコータ−を完成させました。納入実績は、500台以上を各市場に納めています。

塗工方法は、

  1. 他社の追随を許さないリップコーター(低粘度〜高粘度まで対応可能)
  2. ニューコントロールシステム(L2001)等他社より先取りした機構を豊富に要し、あらゆる塗工液に対応できる様配慮しております。

今後、ニューユニバーサルコーターが、貴社新製品開発に大きく貢献できるものと確信しております。

リップコーター

ノンソルベントシリコーンコーター

本機はノンソルベルトシリコーンをMin.0.4μから均一薄膜コートが可能なコータ−です。5本ロール・6本ロール方式を有し基材によって選定いただけます。

構造はカセット方式(溶剤型コーターも取付可能)になっておりますので、メンテナンスが非常に容易です。

これからノンソル化が進む時代に最適なコータ−で、他分野での高速薄膜コートも可能です。

ノンソルベントシリコーンコーター

お問合せ先

塗工機械に関するお問合せは、
当サイトお問合せフォームからお願いいたします。

お電話・ファクスによるお問合せは下記までお願いします。

本社機械部塗工営業課
TEL:(0745)57-0685 / FAX:(0745)57-1075

東京支店営業課
TEL:(03)3242-5441 / FAX:(03)3245-0790

塗装機械紹介|株式会社ヒラノテクシード